12月8日の事始めと事納めとは?

サイト内検索

旧暦の12月8日と2月8日は、事を始めたり納めたるする大事な日とされていたことから、古くから様々な行事が行われてきました。

スポンサーリンク

本来「事」とは、コトノカミという神様を意味し、神様を祀る日を「事八日(ことようか)」と呼び、12月8日と2月8日には神事が行われてたそうです。

コトノカミは地域によって認識が異なり、年を司る「年神様」とする地域では、12月8日が「事始め」で2月8日が「事納め」、農業の神「田の神様」とする地域では、12月8日は「事納め」で2月8日が「事始め」となります。

「事始め」の代表的な行事としては、正月の準備が挙げられますが、江戸時代、大吉日とされた12月13日にお城の大掃除が行われるようになってからは、正月の事始めは12月13日に行われるのが一般的です。

また「事納め」の代表的な行事としては、針の労をねぎらい裁縫上達を祈る「針供養」があります。

使い古した針を豆腐やもちなどに刺して供養するお祭りで、東日本では2月8日、西日本では12月8日に行われる事が多いようです。

そのほか「事の八日」には、無病息災や農作物の豊穣を祈願するため、「お事汁」と呼ばれる味噌汁を食べる風習もあります。

別名「従弟煮(いとこに)」や「六質汁(むしつじる)」とも呼ばれ、地方により具材は様々ですが、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、サトイモ、アズキ、コンニャクの6種類の具を入れたものが広く知られています。

具材は、土から取れるものなら何でも良いとされているので、自分好みのお事汁を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ