「十三参り」の起源と作法!13歳の子供の成長を祝う

サイト内検索

七五三ほど全国的に普及していませんが、主に京都を中心とした関西地方では、古来より数えで13歳、満年齢で12歳になる年に子供の成長を祝う風習があります。

「十三参り」や「十三祝い」と言われ、4月13日もしくは3月13日から5月13日の間に、寺社へ詣でる形式が一般的となっています。

スポンサーリンク

真言宗の開祖である弘法大師空海が室戸岬の洞窟に籠もり、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)へ祈りを唱え続け、記憶力を飛躍的に高める虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)を修めた、という逸話を起源としています。

それゆえ「十三参り」では、成長できたことへの感謝とともに、子供の多福や開運、そして知恵を授けてもらうため、無限の智恵と慈悲を持つ虚空蔵菩薩へ参拝するようになりました。

また、干支の2順目にあたる年は男女とも厄年にあたることから「厄払い」としての意味合いがあるほか、古くは元服の時期と合致するため「成人儀礼」の一つとして執り行われたそうです。

地域によっても異なりますが、「十三参り」にはいくつか作法があり、代表例として、参詣の帰路は後ろを振り返ってはいけないとするものがあります。

これは、後ろを振り向くと折角いただいた福徳や知恵を返さなければならない、という伝承に基づくものです。

そのほかにも、漢字一文字をしたため供え、ご祈祷を受けることでお守りとするものや、参拝の際は、13品の菓子を買い揃えお供え物とするという風習も見られます。

京都の法輪寺のほか、大阪の太平寺、奈良の弘仁寺、関東では浅草の浅草寺などが有名なお寺となっています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ