「十三夜」の日付や食べ物とは?日本独自の風習

サイト内検索

お月見といえば中国から伝来した「十五夜」が有名ですが、旧暦9月13日のお月見「十三夜」は日本独特の風習です。

スポンサーリンク

はっきりとした起源は明かされていませんが、一説には、宇多法皇が9月13日の月を「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代に開かれた観月の宴が習慣化したものとも言われます。

十五夜は空模様がすっきりしないことが多いのに対し、十三夜は晴れることが多いことから「十三夜に曇り無し」という言葉が残されています。

十三夜も十五夜と同じで、旧暦を新暦に直して単純に一月遅れにするのではなく、その年によって日付は変移され、近年の日付を見てみると、2015年は10月25日、16年は10月13日、17年は11月1日、18年は10月21日、19年は10月11日となっています。

かつては十五夜と十三夜の双方を祝い、片方の月見しかしないと縁起が悪いとされ、また、一般に十五夜に月見をしたら、必ず同じ場所で十三夜に月見をすることが慣わしとなっていました。

十三夜の月見は、秋の収穫祭としての意味合いもあったため、すすきや秋の七草、13個の団子などとともに、収穫された栗や豆などの旬の食べ物を供える風習がありました。

このことから、十三夜は「栗名月」や「豆名月」とも呼ばれており、そのほか、長野県一部では、十三夜の天気によって翌年の農作物の豊凶を占ったことから「小麦の名月」、福岡県の海岸部では、女が威張ってもよい日とされていたことから「女の名月」と呼んでいたそうです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ