1月16日は「藪入り」と「初閻魔」の日

サイト内検索

現代を生きる私達には馴染みのない行事ですが、かつて1月16日と7月16日は「薮入り」と呼ばれ、丁稚や女中など住み込みの奉公人や、嫁いできたお嫁さんのための休日でした 。

当時は一大イベントであったため、小説や俳句、落語などの題材としてよく登場します。

江戸時代の頃より広がった風習で、定休日もなく、年末年始に忙しく働いた、奉公人やお嫁さんが、気兼ねなく遊びに出かけたり、実家の祭事に参加できるように取り計らったとされています。

奉公人は主人から、新しい着物と履物、小遣いが与えられ、実家へ帰るものには手土産も持たせたそうです。

両親は、奉公先での苦労を労うため、出来るだけのご馳走を振る舞い、休養を取らせたと言います。

また、遠方から出てきて帰省できない人は、芝居見物や買い物、縁日などを楽しんだそうです。

お嫁さんが里帰りするときは、ボタ餅や酒を手みやげにし、先祖を祭るほか農作業などを手伝い、両親はお返しに藤の繊維で織った着物を送るのを慣わしとしました。

薮入りの風習が広まるにつれ、いつしか地獄の閻魔様もこの日ばかりは罪人を責めるのを休むと解釈され、1月16日は「初閻魔」、7月16日は「大賽日(さいにち)」と呼ばれました。

古くは正月も現在のお盆と同じように、先祖の霊が里帰りする日という意味合いが強かったため、地獄番の鬼達も休みになると考えたようです。

両日は、各地の閻魔堂や十王堂を参拝したり、掲げられた十王図や地獄変相図を拝んだり、縁日が建つほどの賑わいをみせたと言われます。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ