二十日正月の行事や風習!失われつつある

サイト内検索

何かと忙しい現代では、15日の小正月を意識することがほとんどないため、松の内で正月を終えるのが一般的ですが、本来は1月20日が、正月の祝い納めを行う節目の日され、この日をもって賑やかな正月行事が終了していました。

一般的に「二十日正月」と呼ばれますが、関西地方では、ブリの骨を酒粕や野菜、昆布、などと一緒に煮込んで食べる風習から「骨正月」や「かしら正月」とも言われます。

そのほかの地方でも、岩手県では「二十日ワッパカ」、群馬県では「棚探し」、岐阜県では「フセ正月」と言って、正月料理を残さず食べ尽くす慣わしがあります。

また、西日本では、米以外の作物の豊穣を祈願し、麦飯にトロロ汁をかけて食べる行事があるため「麦の正月」と呼ぶこともあるそうです。

正月にお迎えした山の神様や田畑の神様が、20日の朝にそれぞれの居場所に帰ると考えられていたため、19日の夜には、尾頭付きのお膳や赤飯、小豆の団子などを供え、当日は、物忌み(ものいみ)の日とされ、仕事を休んで餅花やまゆ玉など小正月の飾り物を納めるのが、一般的な二十日正月の過ごし方だったそうです。

地方によっては、恵比寿様を祭る「えびす講」が行われ、アジなどの大衆魚をお供えし、商売繁盛などを祈願したとされています。

また、現在では、11日に行われることが多い鏡開きは、古くは20日に行われており、江戸幕府3代将軍の徳川家光が、4月20日に亡くなったため、忌日を避け、現在の11日になったそうです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ