「大暑」の意味とオススメの食べ物!二十四節気の一つ

サイト内検索

1年を24の季節に分類する二十四節気では、太陽黄経が120度となる7月23日ごろ、及び、この日より次の節気の立秋前日までの15日間を「大暑」と呼んでいます。

暑さが最も厳しくなるという意味で、極暑や酷暑と同義として扱われることもあります。

スポンサーリンク

実際の暑さのピークは少し先になりますが、多くの地域で梅雨も明け、晴天の日が続くようになり、気温がグングンと上昇していきます。

また、学生の皆さんは夏休みに入り、街中に夏真っ盛りといった雰囲気が漂う頃です。

小暑から大暑の一か月間は「暑中」と呼ばれ、暑中見舞いはこの期間内に送ることが、古くからの慣わしとされています。

近年では、「打ち水」が恒例の行事となっており、全国各地で打ち水のイベントが催されています。

元々打ち水は、神様の通り道を清めるために行われていましたが、江戸時代の頃より道や庭に水をまいて涼を得るようになったそうです。

そのほか動物園では、動物達が暑さに負けないように、氷や旬の果物をプレゼントするイベントを行っています。

現在は、毎月23日に変更されましたが、元々は大暑が「天ぷらの日」として定められていたため、毎年7月20日頃となる「土用の丑の日」と、8月29日の「焼肉の日」と並んで、「夏バテ防止の三大食べ物記念日」と言われています。

また、夏バテに効く食べ物は「う」から始まる食べ物が良いとされているため、食欲が無いときでも食べやすい「うどん」や、食欲不振を解消してくれる「梅干し」、旬を向かえるキュウリやゴーヤ、スイカなどの「瓜」も、大暑の食べ物としてオススメです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ