1日3食を1日6食にして健康的ダイエット

サイト内検索

私達が生まれた時からずっと言われてきたこと!“1日3食しっかり食べて間食をしないこと”これが正しい食事の取り方であり、太らない方法だと信じ込まれてきました。 

しかしある研究者チームの発見によって、“この理論は間違っていたのかもしれない”と疑問を投げかけられたのです。

スポンサーリンク

ジェニファー・アニストンなどハリウッドセレブの中には、少なめの量の食事を1日に何回かに分けて食べることでスリムな体型を維持出来ている、と言う人達がいます。

今年46歳のジェニファー・アニストンは、1日に3度満腹になる量の食事をするのではなく、1日5回食事をし、5分間のワークアウトを5回行い、ランニングを1回するのだそうです。

カリフォルニア州とニューメキシコ州の大学が行った新しい研究では、アニストンのアプローチが健康的に体重を落とすキーポイントだと発見したのです。

頻繁に食事をすることによって、体内の無脂肪部分の密度を減らすことなく、健康的な体型を作ることが出来るのだそうです。

ダイエットをしている人達にとって、ヘルシーで持続可能なメニューと、食事のパターンを構成するのが一番の難題なのですが、研究家達は食事の回数を増やすことが解決策になると言います。

研究家チームは2つの食事の体制を作り、2週間に渡って調べてみました。

1つのグループは1日2回食事を取り、もう1つのグループは1日に6回食事をとります。

双方のグループとも1日に消費するカロリー量は同じです。

結果的にはどちらのグループの人達も体重は落ちました。

スポンサーリンク

しかし1日に6回食事をしたグループは、体重が落ちても無脂肪部分が減っておらず、また体内のグルコース、インシュリン、コレステロースが健康的な数値だったのです。

1日に2回しか食事をとらなかったグループは、平均で3%以上もの無脂肪部分が減りましたが、6回食事をしたグループは1.2%しか減っていなかったのです。

栄養の専門家は、ダイエット中に無脂肪部分を多く減らすことはあまり健康的ではない、と言います。

食事の回数を増やすことによって、体重を減らしている間も無脂肪部分の密度を減らさないことができるとわかったのです。

体重を減らすことだけが目的ならカロリー制限をすれば達成できますが、健康的に体重を減らしたいなら1日5〜6回に分けて食事をするのがベストなのですね。

痩せすぎではなく、女性も適度な筋肉がなければ魅力的とは言えません。

魅力的な体型になりたいなら食事の回数を増やすこと!

でも量を少なめにすることをお忘れなく。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ