400Gbpsでのデータセンター間通信技術を発表。

サイト内検索

日立が400Gbpsでのデータセンター間通信、最速の通信技術を発表。

データセンター間の通信や大規模データセンター内のネットワークを対象とした大容量で、スピードのあるネットワークでの転送遅延が発生しない技術を開発。

災害などによるネットワークの遮断や、

データセンターの停止等に影響されない高信頼のネットワーク技術としている。

400Gbpsでデータセンター間の大容量通信を実現する光多値伝送向け送受信の可能な技術、重いデータも高速で信頼のある送信が出来るとする。

マルチコア光ファイバーを用いた伝送経路冗長化技術なので、画期的なイノベーションである。

これまでのパケット通信で行っていた複雑な処理が不要になるなど様々なメリットを生み出すことができる技術でもある。

20kmの光ファイバーを用いて実証実験を北海道札幌市で行ったり、今後も、研究と開発を行っていく予定だ。

1本の光ファイバーあたり400Gbpsのデータ通信が可能となれば、社会的なデータ通信の速度や効率を上げることもでき、社会貢献確実な技術でもある。

これまでは1本の光ファイバーにはコアが1本しかなかったところを、7本のコアを持つマルチコアファイバーを用いて使用、一部のコアを平常時には予備のコアとしていく、余裕のキャパシティで、十分なデータ配信能力技術である。

400Gbpsでのデータセンター間通信、最速の通信技術は世界的にもかなり評価できる実験になる。

利用価値の高いサービスを提供することができる可能性において、今後のデータ配信における重要な検証になったことは確実だ。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ