4月4日はあんぱんの日、その由来

サイト内検索

4月4日は、お子様からお年寄りまで幅広く親しまれている「あんぱんの日」です。

明治天皇へあんぱんを献上したことが由来とされていますが、その経緯はどのようなものだったのでしょうか?

あんぱんは、創業の明治2年から銀座に本店を構える、木村屋によって世に送り出されました。

元士族、木村安兵衛とその次男英三郎によって木村屋は設立され、明治7年に、親子の手によってあんぱんが考案されます。

日本人に古くから食されてきた「餡」と、当時はまだ珍しかった舶来物の「パン」の組み合わせは、新しい味として大変な好評を博しました。

明治天皇の侍従を勤めていた山岡鉄舟もその噂を聞きつけ、

「天皇が水戸藩の下屋敷でお花見する際、京都の和菓子のほか日本製のパンをお出ししたらどうだろうか。」

と思い立ち、木村親子にその旨を伝えたそうです。

その話を聞いた2人は、お花見をする天皇のため、新たなあんぱんを創作します。

それが今も受け継がれる「桜あんぱん」で、奈良の吉野山から八重桜の塩漬けを取り寄せ、パンのヘソに桜の花びらを埋め込み季節感を表現したそうです。

明治8年の4月4日に桜あんぱんは天皇に献上され、それを口にした天皇皇后両陛下は大変気に入り、それ以降、木村屋の桜あんぱんは、宮内省御用達として引き続き納めることになりました。

このことから、木村屋とあんぱんの知名度は全国的に広がり、明治30年ごろには、1日に10万個以上も売れたと記録されています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ