5月12日は「ナイチンゲールデー」生涯を看護に!

サイト内検索

看護師として偉大な業績を残し、同職の社会的地位を高めたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日を記念して、赤十字社により5月12日は「ナイチンゲールデー」と定められました。

ここでは、「愛の天使」や「クリミアの天使」とまで賞賛されたナイチンゲールが、どのような生涯を送ったのか見てみたいと思います。

1820年、イギリスの名門貴族の子として生まれたナイチンゲールは、恵まれた環境で何不自由なく幼少期を過ごしました。

語学や哲学、心理学、史学、芸術など、社交界の貴婦人となるべく様々な教育を受ける一方で、慈善訪問などのボランティア活動も行っていたそうです。

成人すると家族の反対を押し切り、当時まだ社会的地位の低かった看護師の道へ進むことを決めます。

ロンドン市内の病院へ就職した当初は、無給であったため苦労も多かったようですが、看護の仕事に誇りを持っていたナイチンゲールはその才能を存分に発揮し、1853年には病院の看護師長になりました。

その翌年の1854年、イギリス・フランス・オスマン帝国を中心とした連合軍と、ロシアとの間で行われたクリミア戦争が勃発すると、ナイチンゲールは38人の看護師を率いて戦地へ赴くことになります。

赴任当初の兵舎病院は、極めて不衛生であったため、ナイチンゲールは衛生改善に努力し、死亡率の大幅な減少を実現させました。

しかし、激務や心労のため体調を崩し、戦争終結後は臨床現場に立つことはなかったそうです。

その後、看護学校の運営や原稿の執筆などが活動の中心となり、1910年に亡くなるまで150点にも及ぶ著作を書き残しています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ