5月27日は百人一首の日!別荘のインテリア?

サイト内検索

「百人一首の日」は、公家であり歌人でもあった藤原定家が、天智天皇から順徳天皇の時代飛鳥~鎌倉時代に活躍した歌い手から、優秀な百人を選定し一人一首ずつ取り上げた「小倉百人一首」を完成させたことを記念して制定されました。

スポンサーリンク

当時、歌人として有名であった宇都宮頼綱が、京都嵯峨の小倉山に別荘を建築した際、襖を装飾するため、親友の藤原定家に色紙の作成を頼んだものが「小倉百人一首」の起源です。

定家の日記「明月記」によると、文暦2年(1235年)5月27日に、選定した和歌百首を色紙にしたため、山荘の障子に貼ったという記述があり、この日に因んで「百人一首の日」は定められました。

完成当初は一定の呼び名はなく、「小倉山荘色紙和歌」や「嵯峨山荘色紙和歌」、「小倉色紙」などと呼ばれていたそうです。

その後、小倉山で編纂・作成されたことにから「小倉百人一首」という通称が定着します。

百人一首には「源氏百人一首」や「後撰百人一首」などもありますが、現在では、百人一首といえば「小倉百人一首」のことを指すまでに広く親しまれています。

庶民が楽しめる歌カルタに用いられるようになったのは江戸時代のころで、絵入りの歌カルタは大変人気があったようです。

また、定家がしたためた小倉色紙の価値も高騰し、茶道が広まった室町時代には、茶室のインテリアとして小倉色紙を飾ることが流行し、戦国時代には、豊臣秀吉の豊前国の大名であった城井鎮房(きい しげふさ)に小倉色紙の提出をせまり、鎮房がこれを拒否したことが戦の一因になったともいわれています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ