5月3日は憲法記念日、その歴史

サイト内検索

憲法記念日とは何の日だろう?

と考えてみると、その名が示す通り「日本国憲法が公布もしくは施行されたことを記念する日」であろうことは想像に難くないと思います。

しかしせっかくなので、ここではもう少し歴史や成り立ちについて詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

大戦終結の翌年にあたる、1946年11月3日に日本国憲法は公布され、1947年5月3日に施行されます。

そして、1948年に国民の祝日に関する法律(通称:祝日法)が公布・施行されると、11月3日は「文化の日」、5月3日は「憲法記念日」として定められました。

ちなみに公布とは、成立した法令の内容を官報や機関紙に掲載して、広く一般に知らせる行為であり、施行とは、法令の効力が実際に発せられることを指します。

祝日を定める審議では両議院で見解が分かれ、衆議院は施行日にあたる5月3日、参議院では公布日の11月3日が記念日に相応しいとする意見が多数を占めました。

参院側には並々ならぬ思いがあったようですが、先に審議を行った衆院の意見が尊重される形で採択されたそうです。

憲法記念日が施行日であろうと公布日であろうとどちらでも良いのでは?

と思うのですが、当時、11月3日は特別な日として認識されてました。

現在では知る人も大分少なくなりましたが、11月3日は明治天皇の誕生日です。

この日は、多難な時代を乗り切り近代国家へ育てた偉大な天皇の功績を偲ぶ日として1927年に祝日として制定されています。

国民に親しまれていた祝日でもあったため、GHQ の統治下でなんとか残そうと考え、公布日を記念日とする意見が根強かったようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ