11月15日「七五三の日」の起源や由来とは

サイト内検索

11月15日の「七五三の日」は、3歳と5歳の男児、及び、3歳と7歳の女児に対し、無事成長したことへ感謝し、今後の健やかな成長を願う行事です。

近年では、11月15日を中心とした前後1ヶ月の休日にお祝いをする場合が多いようです。

また、七五三には、大安や仏滅などの六曜は関係ないと言われていますが、お祝い事なので気にする方も多くいるようで、土日祝日と大安日が重なると、神社や写真館は多くの家族で賑わいを見せます。

七五三の起源は定かではありませんが、1681年(天和元年)の11月15日(旧暦12月24日)に、第5代将軍徳川綱吉の長男・徳松の健康を祈ったことが始まりとする説が有力で、元来は関東圏における地方風俗であったと言われています。

そのほか、旧暦11月は、農作物の収穫を終えて、その実りを田の神に感謝する月であり、11月の満月の日にあたる15日に、収穫と子供の成長の感謝を神様に捧げ加護を祈る、という民俗信仰に由来するという説もあります。

江戸時代に始まった神事であるため、旧暦の数え年で行うのが正式となりますが、現代では、感謝を捧げ祝うことに重きを置く考えから、数え年でなく満年齢で行う場合も多いようです。

また、七五三では、地域により違いも見られますが、3歳の髪置(かみおき)、5歳の袴着(はかまぎ) 、7歳の帯解(おびとき)など、本来それぞれの年齢で異なった行事が行われてきましたが、これらの伝統行事も現在では失われつつあります。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ