7月11日は「真珠記念日」御木本幸吉の功業

サイト内検索

1893年(明治26年)の7月11日、三重県鳥羽町に住む御木本夫妻が、世界で初めて真珠の養殖に成功したことに因んで、この日は「真珠記念日」とされています。

夫の御木本幸吉は、1899年(明治32年)に東京で御木本真珠店を開店しますが、

スポンサーリンク

これが後に真珠の販売で世界一のシェアを誇る「MIKIMOTO(ミキモト)」へと成長していきます。

当時、世界の装飾品市場では、天然真珠が高値で取引されていたことから、国内のアコヤ貝の乱獲が急速に進み、絶滅の危機に瀕していました。

海産物商を営む御木本幸吉はこの事態を憂慮し、1888年(明治21年)にアコヤ貝の養殖を開始します。

しかし、貝の養殖だけでは採算が合わない事に気付き、真珠そのものを養殖しなければならないと考えるようになりました。

水産学界の権威であった東京帝国大学の箕作佳吉(みつくりかきち)博士の話を聞き、理論的には真珠の養殖が可能であることを悟った幸吉は、1890年(明治23年)に養殖実験を開始します。

当初、実験はスムーズに進まず、貝の育成や真珠の生成についての問題のほか、資金難や度重なる赤潮の被害、漁業関係者や役所との折衝など、幾多の困難があったと伝えれられています。

しかし、多くの人々からの協力を得て、実験から3年後ついに半円形ながら5粒の養殖真珠を誕生させることに成功します。

その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、1918年(大正7年)には良質な真珠を大量生産する技術を確立しました。

ビジネス面でも成功を収めた幸吉は、いつしか「真珠王」と称賛されるようになり、「ミキモト」の名は世界にも知られるようになりました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ