7月13日は「日本標準時刻記念日」

サイト内検索

1886年(明治19年)の7月13日、勅令として「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」が公布されたことに因み、この日は「日本標準時刻記念日」に制定されています。

江戸時代までは、太陽が真南を通過する瞬間を正午とする「地方真太陽時」と呼ばれる方法を用いて、各地で時刻が管理されてきました。

明治時代になり鉄道や電信など全国を網羅するネットワークが構築されると、場所によって時間が異なることで様々な問題が生じるようになりました。

地方真太陽時では、東京と大阪では約16分、北海道の東端部と九州の西端部では、1時間以上もの時差が発生するそうです。

そこで、電報や電信に関する業務を司る電信局は東京の時刻を基準とし、気象台では測候所があった京都の時刻を標準として使用するようになりました。

その後、1884年(明治17年)にワシンシンで開かれた国際会議において、イギリスのグリニッジ天文台を基準とし、経度が15度の倍数となる位置に各国の標準時を定めることが決まります。

日本も国際会議の結果を受け、経度15度の倍数となる東経135度線上に位置する明石市の時刻が標準時となり、1886年(明治19年)に標準時刻を定めた法令が公布され、1888年(明治21年)の1月1日午前0時0分より適用されました。

時間に追われる現在で、もし時間が変更されたら大騒ぎになりますが、当時の民間レベルでは、標準時の必要性はそれほど切実な問題ではなかったため、地方時と標準時の時差や、標準時は守るべきものであることを重ねて周知させる必要があったと言われています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ