「八十八夜」の意味と茶摘みについて

サイト内検索

唱歌「茶摘み」と聞いてピンと来る人は少ないかと思いますが、歌い出しの「夏も近づく八十八夜」のフレーズは広く知られていますよね。

この「八十八夜」の意味を皆さんはご存知でしょうか?

八十八夜は、立春から数えて88日目にあたり、例年、5月2日前後となります。

スポンサーリンク

節分やお彼岸などと同じように、季節を区切る目安として古くから用いられ、春から夏へ移行する八十八夜を境に、各所で初夏へ向けての準備が進められます。

地域にもよりますが、一般的に農作物へ被害を与える霜がなくなるのが八十八夜ごろといわれており、気候が安定することから、この時期より農作業は本格的に開始されます。

苗代の籾蒔きや作物の種まき、野菜の植え替えなどが行われるほか、八十八夜に、豊作祈願や農作物の豊凶を占う神事を催すところもあるようです。

通常、お茶の葉は年に二、三回ほど摘まれますが、最初の茶摘みが行われるのはこの頃で、特に八十八夜の朝に摘まれた新芽で作ったお茶は、不老長寿に対する効果があると信じられ、特別に重宝されてきたそうです。

実際、新芽のお茶の葉には、秋から冬の間に貯えられた成分が多く含まれており、二番茶以降のものと比較すると、香りも大変気高く格段に美味しいそうです。

静岡や京都、埼玉などのお茶の産地では、新茶の試飲が行われているほか、茶摘みや手もみの体験ができるイベントが、ゴールデンウィーク期間中におこなわれているので、機会があればぜひ縁起物の新茶を堪能してみてください。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ