8月15日は終戦記念日!世界大戦の犠牲者を追悼

サイト内検索

1945年(昭和20年)8月14日に、アメリカ・イギリス・中華民国によるポツダム宣言を受諾し、8月15日の正午、日本の降伏がラジオを通じて昭和天皇より国民に伝えられ、第二次世界大戦は終結しました。

ポツダム宣言の降伏文書(休戦協定)に調印した9月2日、また翌日の3日を「終戦日」としている国も多くありますが、日本では、8月15日を「終戦記念日」や「終戦の日」と呼んでいます。

スポンサーリンク

1937年(昭和12年)に始まった日中戦争から、太平洋戦争が終結するまでの8年間に、日本の戦没者は約310万人にも上り、また、諸外国にも多大な犠牲をもたらしました。

このような悲惨な結果を生んだ、戦争の誤りと惨禍を反省し恒久的な平和を誓うため、1963年より政府主催で「全国戦没者追悼式」が毎年8月15日に開催されるようになり、1982年には、戦争を知らない世代に戦争の経験と平和の意義を伝えるため、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されました。

全国戦没者追悼式は、毎年日本武道館において実施されており、全国から遺族代表が5,000名余り参列するほか、天皇皇后両陛下をはじめ、内閣総理大臣、衆・参両議院議長、最高裁判所長官、各政党代表、地方公共団体代表など、遺族外の者が約6,000名参列し、午前11時51分より式典が開始されます。

正午より1分間の黙祷を行うことが慣わしとなっており、全国民も一斉に黙祷することが勧奨されています。

丁度お盆の時期と重なるので、先祖の供養とともに、戦争で亡くなられた方々への追悼も忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ