地域による七夕の違い!8月に行うところも多い

サイト内検索

七夕は古くから親しまれてきた行事であるため、地域によって様々な違いが見られます。

例えば、一般的に日付は7月7日とされていますが、8月7日に行うところも多くあります。

これは、七夕はお盆行事の一つであり、また、収穫祭としての意味合いもあったため、

スポンサーリンク

現行の太陽暦ではなく旧暦にできるだけ合わせ、七夕が持つ季節感を損なわないようにしたからです。

また、新暦の7月7日は梅雨の最中であり、天の川が見れない年が多いことを理由としているところもあるようです。

北海道や秋田県、新潟県などの一部地域では、子どもたちが近所の家々をまわり、ローソクやお菓子をもらう行事があり、山形県や宮城県では、子供がたちが提灯や行灯を持って町内を練り歩く風習があります。

長野県では、松本市を中心として、子どもの成長や健康を願い七夕人形を飾る習俗があり、山梨県の山梨市や甲州市の一部では、泥棒除けとして色紙で作った人形を飾るところがあります。

富山県黒部市尾山地区では、和紙で折った人形を行燈などとともに川へ流す「七夕流し」が行われています。

旧暦に七夕を行う地域では、ナスやキュウリを用いて馬型の人形を作る「精霊馬」を供えるほか、「雨乞い」や「虫送り」など、お盆時期に見られる風習と融合していることが多くあり、沖縄県では、お盆の一環として位置づけられ、先祖のお墓を掃除しているそうです。

また、例年7月2日頃となる「半夏生(はんげしょう)」の慣わしと合わさり、この日より7月7日まで農作業を休む地域もあったようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ