9月1日は「防災の日」関東大震災に由来する

サイト内検索

1923年(大正12年)9月1日に関東大震災が発生したこと、また、古来より台風への注意喚起を促してきた「二百十日(にひゃくとおか)」と呼ばれる雑節が、例年9月1日ごろになることに由来して、1960年(昭和35年)より9月1日は「防災の日」に制定されています。

スポンサーリンク

この日は「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」ことを趣旨としており、1982年からは防災の日を含む一週間も防災週間と定められ、全国各地で防災思想の普及や防災訓練などが盛んに行われています。

2011年の東日本大震災発生以降、災害に対する意識は高い状態にありますが、この日を機伀にもう一度、防災について考えてみてはいかがでしょうか?

災害時の非常持ち出し袋には、懐中電灯や携帯ラジオ、ミネラルウォーター、携行食、常備薬をはじめ、スリッパや運動靴、タオル、雨具、地図、電池、ホイッスル、下着、手袋などを常備しておくと良いとされています。

余裕があれば、洗面用具や裁縫セット、防塵ゴーグル、マスク、トイレットペーパー、メガネ、筆記用具、ガムテープ、ラップ 、ビニール袋、なども準備しておくと役に立つことが多いようです。

消費期限があるものは、定期的に点検する必要があるので、防災の日に確認することを習慣付けておきましょう。

また、地震発生時には家具や家電の転倒による被害も多く報告されています。不安定な家具や危険な物がないか確認し、危険な箇所があれば対策を施すなどして、しっかりと災害に備えましょう!

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ