「秋の行事」の記事一覧(2 / 6ページ)

11月12日は洋服記念日!明治日本の近代化

お役立ちニュース

裃や束帯など、公家風・武家風の和式礼装を廃止し、洋服の使用を促進するという趣旨の元、1872年(明治5年)11月12日に、「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、軍人や警官に続き文官である政府役人の礼服にも洋式・・・

11月11日!1年で最も記念日が多い

お役立ちニュース

365日の全てに何かしらの記念日が定められていますが、11月は「いい」の語呂合わせから記念日が多い月となっています。

11月10日は「十日夜」収穫祭と月見の日

お役立ちニュース

11月10日(旧暦10月10日)に、東日本を中心として行われる収穫祭のことを「十日夜(とおかんや)」と言います。

11月9日は太陽暦採用記念日!日本の暦の歴史

お役立ちニュース

日本における暦の歴史は、中国王朝が使用していた「元嘉暦(げんかれき)」を採用した飛鳥時代(592年~710年)からはじまります。

「火焚祭」京都・伏見稲荷大社

お役立ちニュース

藤森神社や貴船神社、花山稲荷神社、新日吉神社、広隆寺、車折神社など、11月の京都では、秋の収穫に感謝しつつ、五穀豊穣や厄除け、地域の安全などを祈願するため、護摩木(火焚串)を火床に入れ焚き上げる、伝統行事が各神社で執り行・・・

「立冬」の意味や行事!二十四節気の1つ

お役立ちニュース

農作業や年中行事の目安として利用されてきた二十四節気では、太陽黄経が225度のときを言い、恒気法(二十四節気を時間により配置する方法の一つ)では冬至から8分の7年後にあたる日を「立冬(りっとう)」と呼んでいます。

11月3日「文化の日」の由来と意味

お役立ちニュース

1948年(昭和23年)に公布・施行された「文化の日」は、祝日法によると「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という意味を持つそうです。

「唐津くんち」の歴史や見所とは?佐賀県

お役立ちニュース

755年(勝宝7年)に創建された、佐賀県唐津市にある「唐津神社」では、毎年11月2日~4日にかけて、秋季例大祭「唐津くんち」が執り行われています。

11月1日は「紅茶の日」大黒屋光太夫の数奇な運命!

お役立ちニュース

日本紅茶協会により、1983年(昭和58年)から11月1日は「紅茶の日」に定められています。 この日、全国の紅茶専門店などでは、茶葉の割引セールや記念品のプレゼント、限定スイーツの販売、紅茶染めのグッズ作りなど、さまざま・・・

亥子祭(いのこまつり)京都・護王神社

お役立ちニュース

京都御所の西、蛤御門の向かいに鎮座する「護王神社(ごおうじんじゃ)」は、創建の年代は定かではありませんが、光仁・桓武両天皇に仕え、平安遷都に尽力した和気清麻呂(わけのきよまろ)を祀った廟(護王善神堂)から始まりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ