12月14日は赤穂浪士討ち入りの日

サイト内検索

兵庫県赤穂市など赤穂浪士に縁がある各地では、12月14日に「義士祭」が開催されています。

ドラマや映画、歌舞伎、演劇などでも題材とされることが多いので、ご存知の方も多いと思いますが、

スポンサーリンク

現在にも語り継がれる赤穂事件は、元禄14年3月14日(新暦:1701年4月21日)、赤穂藩の藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が、江戸城内で高家旗本の吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りかかったことに端を発しています。

斬りかかった理由は判然としていませんが、物語では、吉良から賄賂を要求された浅野がこれを拒否し、吉良から嫌がらせを受けたことが原因として描かれています。

この一件で、加害者の浅野は即日切腹、城も幕府に明け渡すよう命じられます。

当時は喧嘩両成敗の時代なので、被害者の吉良にも刑が下されるはずでしたが、吉良は、斬りつけられた際に抜刀しなかったため、この事件は「喧嘩」として扱われず、一切咎めを受けませんでした。

この結果に不満を抱いたのが、浅野の家臣である旧赤穂藩士達で、筆頭家老であった大石内蔵助(おおいしくらのすけ)をはじめとする赤穂浪士47名は、元禄15年12月14日(新歴:1703年1月30日)に、主君の仇を討つため吉良邸への討ち入り、見事その首級をあげます。

その後、浪士たちは、幕府の指示に従って切腹しますが、平和な時代が続く元禄の世において、武士道精神を体現した彼らは、民衆から喝采を持って迎えられたと言われています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ