悪夢って怖い!語り継がれる猿夢

サイト内検索

心の変化で見られる夢があります。

例えばストレスを抱えている人はストレス発散のため脳が楽しい夢をみせてくれるのだとか。

他にも怖い夢として、「一緒にいた人がいなくなる夢」は、いなくなった人との縁が切れることを暗示していたりします。

夢は、心理から?オカルトから?それとも体が?と今だ解明されていない謎です。

有名な話で「猿夢」という話を聞いたことはありますか?

2chで有名になった怖い話だというのですが、呪いもないのに閲覧注意といわれるほど危険な夢の話なのです。

猿夢のあらすじ

奇妙なタイトルの「猿夢」は、遊園地で見かけるお猿さん電車に乗る夢をみた話です。

主人公は、夢を「夢だ」と自覚し夢を続行するなど夢を自分の意思で操れる人物でした。

お猿さん電車がやってきて「乗ると怖い目に遭いますよ~」というアナウンスがあったにも関わらず主人公は安易に乗車してしまいます。

奇妙なアナウンスの通り後ろの席から順々に怖い目に遭っている人々を主人公は目撃してしまうのですが、そのときの血なまぐさいにおいや叫び声が妙にリアルだったといいます。

自分の番になるとどのような怖い目に遭うのかだけ知って殺される前に夢から覚めようと思いますが、なかなか覚めず苦労してギリギリで脱出できました。

数年後、主人公はその夢の途中から夢をみてしまいます。

すでにどんな目に遭うのか知っている主人公は夢から脱出しようとギリギリのところで夢から脱出できました。

安心して目を開けようとした瞬間、そこは現実の世界のはずなのに「また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」とアナウンスが聞こえたそうです。

猿夢の恐ろしさ

なぜ猿夢を読んではいけないのかというと、様々な説があります。

  • 1つはうつる話で、よくいう「この話を聞いた人は何日以内にその夢をみます」という説です。
  • 2つ目は、暗示ということで、その話に影響されてしまう人は、似たような夢をみてしまうという心理を試す説ですね。
  • 3つ目は、気持ち悪くなるという身体的な影響で、「えぐりだす」などグロテスクな表現が苦手な人のための閲覧注意なのだといいます。

猿夢を読んだ人は多く、うつる説はないので読んでも心配しないでください。

しかしあなたがもしも心配してしまったり、ずっと怖い話が忘れられない人だとしたら~・・・

影響されやすい人なので読まないほうがいいでしょう。

信じなければ救われるという蒸し暑い季節には面白い話ですね。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ