「葵祭」の起源と歴史!京都最古の祭り

サイト内検索

毎年5月15日に執り行われる「葵祭(あおいまつり)」は、賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭です。

正式名称は「賀茂祭」とされていますが、祭り当日は、社殿や御所車、参列者の衣冠、牛馬にいたるまで葵を飾ることから、江戸時代より「葵祭」という名称で親しまれています。

鮮やかな新緑が芽吹き初夏の香りがする京都の町を、平安絵巻さながらの優美な衣装に身を包んだ大行列が群行する風流なお祭りで、7月に行われる「祇園祭」と10月の「時代祭」とともに「京都三大祭」の一つとして数えられているほか、長い歴史を有する京都最古のお祭りとしても有名です。

伝承によると葵祭の起源は、現在より1450年ほど前まで遡ります。

当時、風水害や凶作、疫病などで国中が困窮していたため、欽明天皇の命により部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に占わせたところ、原因は賀茂大神の祟りであることがわかりました。

祟りを沈めるため567年の旧暦4月に盛大な祭礼を行ったことが、今日まで続く葵祭の始まりとされています。

お祭りは819年に朝廷の律令制のもと国家行事として定められ、その重要性は年を重ねるごとに増していき、貞観年中(859~876)ごろに、壮麗な祭儀として完成しました。

しかし、時は移り室町時代の中頃になると、壮麗さは薄れ次第に衰微していき、応仁の大乱をきっかけにお祭りは一時廃絶されます。

その後、当時の祭儀を元通り復興することは困難だったものの、200年余りの時を経て1694年にようやく再開されました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ