バレンタインデーは、いつから日本で広まったのか?

サイト内検索

世界とは異なる日本のバレンタインデーはいつから、どのように広まったかについては諸説あります。

有力で最も古いものとしては、昭和11年に神戸のモロゾフ製菓が、東京で発行された英字新聞「ザ・ジャパン・アドバタイザー」に、広告を掲載したのが最初とする説があります。

スポンサーリンク


当時のキャッチコピーは、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というものでしたが、市民権を得ることはできませんでした。

もう一つの有力な説は、昭和33年に当時メリー・チョコレートの営業主任であった社員が、友人からの手紙に書かれていた聖バレンタインデーの内容を元に、キャンペーンを始めたとする説ですが、これも大きな反響は得ることはできなかったようです。

チョコレート以外では、昭和31年に西武と松屋が新聞広告にバレンタインデーセールを掲載したことを皮切りに、その他の百貨店をはじめ、化粧品や自動車、家電のメーカーなどが次々とバレンタインデーに便乗したバーゲンセールの広告を掲載するようになりました。

 宣伝は一定の効果を示し順調にいくかに見えましたが、昭和43年をピークに売上は減少してしまいました。

バレンタインデーは日本で定着しないとする見方が出始めた頃、何が起因したのか分かっていませんが、10代の女の子達の間でチョコレートを贈る日として認知されるようになり、売り上げは急増し、昭和50年代に入ると女子大生やOLにも浸透して「義理チョコ」も登場しました。

日本のバレンタインデーは、企業やマスコミが提供する様々な情報の中から、消費者が自発的にチョコレートを選んだことで作り上げられたようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ