バレンタインデーで義理チョコ渡すときの社会人必見!のマナー

サイト内検索

会社勤めをされている方の中には、社内の人たちへ贈る義理チョコに、頭を悩ませている人も多いかと思いますが、日頃の感謝の気持ちや円滑なコミュニケーションを図るために、気軽なお歳暮やお中元のつもりで、義理チョコを渡してみましょう。


価格は相手に負担をかけないためにも、高額なものは避けるようにします。

また、複数に贈る場合は、価格に差をつけるのも良くありません。

義理チョコならば500円前後が目安になるかと思いますが、みんなでお金を出しあって、贈ることができる環境であれば、出費を押さえることも可能です。

品物はチョコレートである必要はなく、クッキーなどのお菓子や、日常で使える文具などでもいいかも知れません。

また、簡単なメッセージカードを付けると好感度が良いでしょう。

ただし、サイズは持ち帰りやすいコンパクトなものが望まれ、ラッピングは本命と勘違いさせてしまうような、思わせぶりなものは避けるようにしましょう。

渡すタイミングは、業務に支障がでない出社時やお昼休みがベストで、お茶やコーヒーなどと一緒に渡すことができれば、気が利く感じをナチュラルに演出することもできます。

最後に一番重要なことは、新入社員や転職、転勤など新しい職場の場合、同僚や先輩に事前に相談して、職場の慣習に従うことです。

儀礼的なことは一切しない職場もありますし、社内の輪を乱すようなことは、絶対に避ける必要があります。

しかし、バレンタインデーは、堅苦しい伝統行事ではありませんから、社会人としての最低限のマナーを守る必要はありますが、一つのイベントとして楽しむように心がけましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ