9月20日は「バスの日」イベントが盛りだくさん!

サイト内検索

1903年(明治36年)の9月20日、福井九兵衛と坪井清兵衛によって創業された、二井商会が運行する国内初の営業バスが、京都・堀川中立売-七条-祇園の間を走ったことを記念して、「いつでも、どこでも、みんなのバス」をテーマに、1987年に日本バス協会によって「バスの日」は制定されました。

スポンサーリンク

この時のバスは、蒸気自動車を改良したもので、運転手と助手、乗客4名と定員数が少なく、1905年(明治38年)1月に、広島で運行開始されたバスが日本初とする意見も見られます。

残念ながら、どちらのバスも1年と持たずに営業を終えており、全国的にバス事業が本格化するのは、自動車の信頼性が高まった、大正時代に入ってからとされています。

日本バス協会では、毎年9月ごろに「バスフェスタ」を開催しており、また、公営・民間を問わず全国のバス事業体でも、「バスの日」前後の金・土・日曜日を中心に、さまざまなイベントが行われています。

主な催しとしては、バス車両の展示やステージイベントのほか、無料バスツアーやクイズ大会、職業体験、バスの中古部品の販売、ノベルティグッズの配布などがあり、全国各地で趣向を凝らしたイベントが開催されています。

特に、近畿バス団体協議会をはじめ、関連団体が後援に名を連ねる「スルッとKANSAIバスまつり」や、東京都交通局が主催する「バスまつりin 晴海」などは、例年多くの来場者が詰め掛ける、人気イベントとして知られています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ