今度はビデオで失態、ヒラリー!

サイト内検索

民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントンが、またまた墓穴を掘った。

クリントン・キャッシュ以來たびたび狙っている「ヒラリー種」、またまた釣れた、それも音声つきビデオだ。

このところ「信頼度指数」が下がりっぱなしのヒラリー、このローブローでかなりボディーに来ている。

スポンサーリンク

大統領選でいつも決め手になるニューハンプシャーでのキャンペーン中のことだ。

意欲的に各地を回っているヒラリー、この日はキー・ステートでファンに囲まれたヒラリーがサイン帳を持って近づいてきた女性に歩きながらのひとこと

「列の後ろに並んで、後ろに….」

これをビデオに取られたヒラリー、あっと思った様子だったがあとの祭り、早々にメディアに広がったからたまらない。

その一瞬を捕らえた4秒あまりの絵がエンドレスに流れ始めた。

”Go to the end of the line. Why don’t you go to the end of the line…”

もと先生だから、たしなめ癖が出たんた、などなど、さまざまな「言い訳」が聞かれたが、もういけない。

テレビにかかったら、この手のエピソードはとことんシャブラれる。

それでなくても、このところ「信頼度指数」が急下降のヒラリー、今月半ばのローズベルトアイランドでのキャンペーンに早くも暗雲が沸いている、という下馬評だ。

共和党も抜け目なく便乘、対抗馬が笑顔でサインに応じる様子をビデオで流すなど、芸が細かい。

アメリカ大統領選は、それがしはケネディーとニクソンの奴をロスで見ている。

スポンサーリンク

お祭り騷ぎというのか、日本のように粛々という感じはまつたくない。

ネガティブ・キャンペーンが大つぴらだから、様子が劇場的だ。

ついしばらく前までは、クリントン・キャッシュだろうがなんだろうが、ヒラー人気は相当だった。

だからこその中傷が目立ったのだが、ここにきて前述の信頼度指数がヒラリーの場合、10%台にまで急落しているのだ。

さて、ここからどのような展開がまっているのやら、これからも折々にヒラリー種も釣ることになろうが、よろしくお付き合い願いたい。

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ