11月3日「文化の日」の由来と意味

サイト内検索

1948年(昭和23年)に公布・施行された「文化の日」は、祝日法によると「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という意味を持つそうです。

スポンサーリンク

11月3日は、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、新憲法が、平和主義・国民主権・基本的人権を重視していることから、平和を基盤とする文化を発展、拡大させようという目的で「文化の日」は制定されましたが、元々は、「明治節」と呼ばれる明治天皇の誕生日で、四方拝(1月1日)・紀元節(2月11日)・天長節(4月29日)と共に「四大節」の一つに数えられていました。

「文化の日」は「明治節」に直接由来しているわけではありませんが、当時の国会答弁や憲法制定の変遷をみると、憲法公布日を明治節にあわせたことが伺えます。

文化の日には、皇居で文化勲章の授与式行われてるほか、文化庁が主催する芸術祭などの文化行事も、この日を中心として開催されており、博物館の中には、入館料を無料にするなど、各種のイベントも開催されています。

また、平安絵巻さながらの渡御行列が練り歩く宮城県栗原市の「薬師まつり」や、北関東随一と呼ばれる10基の山車が曳き回される埼玉県本庄市の「本庄まつり」、地域に縁のある武者行列パレードが行われる岐阜県多治見市の「多治見まつり」、古式ゆかしい神楽の舞獅子が行われる和歌山県日高川町の「寒川祭」など、全国各地で様々なお祭りも執り行われています。

文化の日は晴天になる確率が高い「晴れの特異日」としても知られているので、お近くの祭りやイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ