12月7日はクリスマスツリーの日!飾りに隠された意味?

サイト内検索

クリスマスツリーを日本で初めて飾ったのは、1886年(明治19)年12月7日、横浜の明治屋で飾られたものが最初と言われており、これを記念して、毎年12月7日は「クリスマスツリーの日」とされています。

スポンサーリンク

一説には、1860年にプロイセン王国の公館で飾られたとか、1874年に明治学院で行われたクリスマスパーティーが最初とも言われていますが、街中でクリスマスツリーを飾ったのは、明治屋であるとする説が有力視されています。

ドイツの風習が起源とされるクリスマスツリーは、旧約聖書に登場する「生命の樹」の象徴とされ、冬の間も緑を保つことから生命力の象徴とされてきた、モミの木などの常緑の針葉樹が用いられています。

また、矢じりの形をしたツリーは天国を指し示しているとも、 ツリーそのものがキリストを象徴しているとも言われています。

とても神聖な意味を持つクリスマスツリーですが、その飾りにもそれぞれ意味があるようです。

大きな星は、キリストの誕生を東方三博士へ知らせた「ベツレヘムの星」、オーナメントボールは、アダムとイヴが食べた「知恵の実」を象徴しています。

そのほか、日本でも魔除けの意味を持つヒイラギは、キリストが処刑される時に被っていた「茨(いばら)の冠」、鐘はキリストの誕生を告げた「天使のベル」、20世紀初頭アメリカで考案された杖は、キリストそのものを象徴しています。

因みにドアにかけるリースは「永遠の愛」を象徴しています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ