第5世代移動通信方式(5G)の開発

サイト内検索

NTTドコモは3月2日に第5世代移動通信方式(5G)の開発、実験懸賞に成功したことを発表した。

第5世代移動通信方式はオンライン受信時4.5Gbps以上のデータ通信が出来、インターネットを最速で利用することができる。

約1.2倍以上のスピードを誇る第5世代移動通信方式は十分に使いやすい。

2020年7月の東京オリンピックまでに国内では5Gを主流とした電波サービスを普及させていくようだ。

ドコモは2014年にAlcatel-Lucentやエリクソン、富士通、日本電気(NEC)、ノキアネットワークス、Samsung Electronicsと合意しており、4K動画配信の品質評価といった試験等も行い動画をストレスなく利用できる環境を整えているようだ。

通信のスループット検証も出来、今後の通信をより快適にもっとスピーディに提供していくことができるようになります。

また、NTTドコモは海外メーカーとの企画開発も柔軟に行っている。

テクノロジーの供給を行っている日本企業は少ない。

2014年に新たな技術ノキアと実施した屋内実験では70GHz帯を用いて最大受信速度2.057Gbpsを可能にするほどだ。

共同での企画開発が、プラスの結果を導くことになり、ソフトや通信事業のサービスは社会にとって機能する商品やサービスを提供中だ。

海外での利用でもノーミングサービスを始めたのがNTT DOCOMOが初めてである。

ユーザーのニーズに応えるタメに様々なサービスを企画し提供している。

NTTドコモ(docomo)のスマートフォン向けポータルサイト「dメニュー(dmenu)」等、サクサク、ストレスのないネット環境に対応したサイトも充実した内容だ。

またライバル企業のSOFTBANKとの競合も気になるNTTドコモ、市場のニーズを満たすことで指示を得るNTTドコモは企画や開発も怠らない企業だ。

NTTドコモは携帯電話の売上シェアをKDDIやSOFTBANKに取られていたがここでテクノロジーを開発して業界の最前線を走ることが出来るのか、しっかりと市場のニーズに答えることが出来、社会のために担うサービスを提供し続ける力のある会社である。

技術力を駆使してしっかりとしたサービスを期待することが出来るのがドコモである。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ