6月1日は衣替えの日!意外と歴史がある伝統行事

サイト内検索

温暖化により夏物を用意する時期も早まっていますが、暑さが厳しくなる夏本番に向けて、学校や官公庁、企業では、一般的に6月1日を「衣替えの日」としています。

衣替えは、季節の変わり目となる6月と10月を目安に、衣服や調度品を改め、収納場所の変更などを行います。

この風習の歴史は古く、遥か平安時代にまで遡ることができます。

衣替えは、旧暦の4月1日と10月1日に衣類を入れ替える、「更衣(こうい)」と呼ばれる古代中国の宮廷行事を起源とし、日本には平安時代の頃に伝わり、宮中行事の一つとして執り行われていたそうです。

当時は、衣服の種類もさほど多くなく、簡素な行事だったようですが、鎌倉時代になると衣服だけでなく身の回りの調度品まで取り替える、大掛かりな行事へと発展していきます。

室町時代以降、「更衣」の風習は徐々に庶民の間にも広まり、民間では「衣替え」と呼ばれ、年中行事として定着していきました。

江戸時代になると、幕府により出仕する際の衣服が制度化され、四季の変化に合わせて年4回の衣替えが行われるようになります。

旧暦4月1日から5月4日までと9月1日から8日までは、袷(あわせ)という裏地付きの着物、5月5日から8月末日までは、帷子(かたびら)と呼ばれる裏地なしの着物、9月9日から翌年3月末日までは、綿入りの着物を着用するように規定され、概ね庶民もこれに倣って衣替えを行っていたそうです。

現在のように、6月1日と10月1日に衣替えが行われるようになったのは、明治6年に新暦(太陽暦)が採用されてからです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ