エボラ抗体の代替製法の開発に成功

サイト内検索

田辺三菱製薬はカナダ・ケベック市に本社を設けている子会社のメディカゴが、エボラ抗体の代替製法の開発に成功し、米国の公的機関であるBiomedical Advanced Research andDevelopment Authorityと契約した。

植物を用いたたんぱく質の産生・抽出・精製技術により、エボラ抗体の製造を行うことが出来、

今後の予防に役にたつ、研究開発や営業活動においてノウハウがある企業で、医薬品の研究開発、流行が深刻なギニア、リベリア、シエラレオネの西アフリカ3か国では緊急で予防接種などを行うなどしていますが、感染者の半数以上が死に至るなどかなり、深刻な状況が続いています。

一日も早くワクチンの製造が求められている現状です。

田辺三菱製薬では臨床試験に関する情報の透明性を確保することを目的にして、研究の成果を皆様にわかりやすく国際製薬団体連合会(IFPMA)の「臨床試験登録簿及びデータベースを介した臨床試験情報の開示に関する共同指針」への情報提供を行っています。

またわかりやすく医療関係者のためのサイト田辺三菱製薬 医療関係者サイト「Medical View Point」等は国内の医師及び薬剤師の方々を対象に弊社医療用医薬品の情報提供を行っているサイトです。

「田辺三菱製薬 地域薬剤師サポートネット」(Community Pharmacist Support Net)を利用することも出来、どんな時も非常に使いやすい会社です。

十分な情報提供をしている会社でエボラ抗体の代替製法の開発に関しても研究成果を報告しています。

米マップ・バイオファーマシューティカル社等もワクチンの開発に従事していますが、この会社と共同で開発したしているエボラ治療薬「ZMapp」の効果に期待が寄せられます。

富士フイルムのエボラ薬、臨床試験で血中のウイルス量が低・中レベルの患者では、死亡率が30%から15%に低下し、今後のエボラ対策として多くの日本企業が功績を挙げている。

世界保健機関(WHO)の報道官は、エボラ熱に関する医療を日本に情報提供を求めているほど、で更なる早期の解決を求められているエボラ対策である。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ