1983年に、パン食普及協会によって4月12日は「パンの記念日」、そして毎月12日は「パンの日」と制定されているため、全国のパン屋さんでは、ポイントが倍になったり、割引セールが行われるなど様々なうれしいサービスが提供されています。

記念日の由来となった、日本でのパンの始まりとはどのようなものだったのか見てみましょう。

日本へパンが伝来したのは、安土桃山時代とされていますが、国内ではじめてパン製造を行ったのは、幕末期に活躍した江川英龍(ひでたつ)という兵学家です。

江川家代々の当主は太郎左衛門と名乗り、幕府の直轄領である伊豆韮山の代官として従事していました。

英龍が当主になった頃、日本近海には外国船が頻繁に出没し、隣国中国ではアヘン戦争が起こるなど「外国と戦になるのでは?」という気運が高まっており、英龍も海上防衛に大きな関心を持つようになります。

英龍は国防上の観点から、保存と携帯性に優れた兵糧(ひょうろう)が必要であると考え、長崎のオランダ屋敷でパンの製造技術を身につけた作太郎と言う人物の協力の下、伊豆韮山の自宅にパン焼き窯を作り、1842年の旧暦4月12日に「兵糧パン」と呼ばれる「乾パン」を焼き上げました。

その後、大規模な製パン所が建設され大量のパンが作られるようになり、諸藩もこぞって兵糧としてパンを生産したそうです。

ちなみに、一般家庭でも食されるようになったのは明治以降で、1874年に銀座の木村屋であんパンが発売され、好評を博したことがキッカケとされています。

[gads]