恵方巻きの由来や作法は深く考えない

サイト内検索

マスコミや小売店の宣伝も手伝って、近頃では節分に恵方巻きが食べられるようになりましたが、その由来は諸説あります。

共通しているのは、江戸時代末期から明治にかけて、大阪で生まれた慣わしであるということです。

スポンサーリンク


商人が商売繁盛を願って始めたという説や、花街の芸者による願掛けが始まりだとする説、売れ残った海苔を一掃するための宣伝だったとする説などがあります。

名前も「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれており、文献等には「恵方巻き」という言葉が見当たらないそうです。

その後、大阪を中心とした寿司屋や海苔問屋による宣伝に利用されるようになり、現在のように一般家庭で節分に巻き寿司を食べるようになったのは、大正時代の初期ごろとされています。

全国的に急速に広まったのは、1998年にセブン-イレブンが「恵方巻き」という名称で全国発売したことが発端となり、コンビニやスーパー、マスコミなどが大々的な宣伝を行ったことが要因となっています。

7つの具を巻いた寿司を、その年の恵方に向かって、願掛けを行いながら無言で丸かじりするのが基本とされています。

7つの具は、商売繁盛や無病息災を願って七福にちなんだものだとされ、丸かじりするのは、包丁を入れると縁起が悪いため、幸運を逃さないためだと考察されています。

しかし、具材の種類やその数に、はっきりとした決まりがあるわけではなく、近頃では、ロールケーキなど形が巻き寿司に類似する食べ物によって、様々なアレンジが行われています。

縁起物なので、あまり由来や作法にとらわれず、節分行事の一つとして楽しむのがいいのかも知れません。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ