フィジーの国旗が変更されることに

サイト内検索

南太平洋フィジーは最高なリゾート地で、世の中でも注目されている南太平洋一番の自然景観をもってる唯一の国でもあります。

現国旗は左上に英国旗が含まれています。

イングランドの長い支配においてフィジーは発展してきました。

観光業で島の経営を養ってきた国ですが、国旗を変更することでイングランド支配から離れたことの表明ですかね。

観光地フィジーは300余の火山島と珊瑚礁からできた国になります。

観光地としてかなりの人気を多くの国から支持を得ているフィジーは5月ガラセ首相再任。

12月にフランク・バイニマラマ軍司令官によるクーデターによって、民間統治が盛んになっていました。

2015年になって国旗が変更になりますので、イングランド統治化の相当なプレッシャーから逃れることが出来るようになります。

珊瑚礁が世界で一番綺麗な島で、多くの国からのチャーター便

フィジーは多くの火山からできる、珊瑚礁が世界で一番綺麗な島で、多くの国からのチャーター便が出ています。

中国の援助による建築やインフラ整備と共に国内のマグロ消費量も増加しています。

そのためフィジーは利用者、観光者の数も増え特に中国からの観光者の数は年間で一万人以上になりました。

50年後にはフィジーの島が地球上から消えてしまうと予測されていますが、フィジーは今後にも引き続き観光バブルが引き続いて行くことが予測されます。

日本からはカンタス航空で格安チケットを購入することができたり、HISから各種のツアーを組むことも出来、シュノーケリングやスキューバダイビング等も予約する事ができるようになります。

日本から直通便も出ていますので結婚式や家族向けの観光地でもあります。

同時にポリネシア文化を実感することが出来ます。

南半球のオアシスとも呼ばれています。

今後共観光や漁業が楽しみな観光地の一つです。

南半球のオアシスが栄えてきました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ