外国人の在留管理制度が法的に変更に

サイト内検索

日本国に置ける外国人の扱いが法的に変更になります。

我が国に在留資格をもって中長期間在留する外国人に顔写真が貼付された在留カードが交付されることになります。

また在留期間の上限をこれまでの3年から最長5年になる等、かなりの期間を延長することが出来るようになりました。

そのため日本にいる外国人も日本での生活を引き続き送っていくことが出来、国内でも外国人専用の人材派遣会社等も有り、外国人が日本でも働きやすい環境を整えています。

このことから新たな外国人の登録制度は廃止されることになります。

新しい在留管理制度の対象になる方

  1. 新しい在留管理制度で対象になる方は3月以下の在留期間が決定している方
  2. 短期滞在の在留資格が決定している方
  3. 外交または効用等の在留資格が決定している方
  4. 特別永住者の方
  5. 日本人と結婚している方や外国人、日系人

在留期間更新許可、在留資格変更許可の時には新しい在留カードを交付することになります。

日本に滞在している外国人がもっと日本に滞在することが出来るようになり、日本のインターナショナルな環境を国が勧めています。

日本で仕事をしている外国人で母国に仕送りをし続けている日本在留の外国人は引き続き日本で仕事をしていくことが出来、特にGDPの低い国から日本に出稼ぎに来ている外国人の方にはラッキーな環境です。

日本に在留中の外国人の数も増えています。

インターナショナルな時代になり一層活動的に他の国の方が日本で生活し、様々なチャンスを得ることが出来る時代になりました。

外国人の方も日本で過ごしやすく、働きやすい環境が整っています。

インターナショナルな社会での配慮とも言えます。

日本で生活していく際には外国人の方は住みにくいとの声も上がっていましたがこの法的な改正によってもっと交流を図ることが出来るようになること間違いなしです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ