元日と元旦は区別すべき?伝統的な元日の過ごし方

サイト内検索

新年を迎えた1月1日には、「元日」または「元旦」という言葉を、新聞やニュースなど方々で見聞きしますが、どのように使い分けられているのでしょうか?

「元日」も「元旦」も同じ意味であるとする人と、「元日」は1日の終日までを表し、「元旦」は1日の朝を表すとする人がいます。

スポンサーリンク

辞書を見ても、本来は「元日=元旦」であるとするものと、「元旦=元日の朝」であるとするものがあります。

もっともらしい意見としては、「元旦」の「旦」は、「日」と「一」からなり、地平線を表「一」の上に「日」が昇る状態、

つまり日の出や朝を表すため、「元旦」は1日の朝を表すというものです。

どちらが正しいということもないので、このような区別がされる場合もあると、留めておく程度で良いかと思います。

古来より元日は、皇室行事である四方拝にちなみ四方節と呼ばれ、祝祭日の中でも大切な日とされてきました。

1948年に「年のはじめを祝う日」として、法律により国民の祝日となりました。

昔の人にとって正月は、歳神様を迎え入れるという意味合いが強かったため、寝ている状態で歳神様を迎えるのは失礼に当たるとし、徹夜して正月の朝を迎える人が一般的でした。

そのため、元日は終日寝て過ごす、いわゆる「寝正月」を過ごす人が大半を占めたといわれます。

現在でも、1日の深夜に初詣を行う人や、初日の出を拝む人が大勢いるのもその名残といえます。

一年の初めの日を、ダラダラと寝て過ごしてしまったと悔いる人もいるかと思いますが、正月とは伝統的にそういうものなのかもしれません。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ