がんの進展進める細胞と仕組み解明

サイト内検索

今季に入りガンの研究における進歩が目覚しく目立つ、ガンの治療として名古屋大学大学院医学系研究科の高橋雅英(たかはし まさひで)教授、浅井直也(あさい なおや)准教授、榎本篤(えのもと あつし)准教授らのグループの研究の発表によると、同グループの研究結果から治療における素晴らしい実験の成果を得ることが出来た。

スポンサーリンク

線維芽細胞の中の重要な細胞内シグナル伝達系といわれる、がん細胞だけでなく、周りの線維芽細胞の活性化が大きなガンの促進に関連していることを発見した。

ガンの抗体菌の開発の一歩になりそうだ。

この研究から新たなガンの促進の原因を突き止めることが出来るようになり話題を呼んでいる。

3月2日付の米科学誌キャンサーリサーチに発表されている。

がんの増殖、浸潤、転移などの進展に繋がる研究結果でもある。

多様ながん細胞で発現しているタンパク質のAktという生の細胞がリン酸化するシグナル伝達があるが、この細胞Aktがキーになっている。

野生型マウスにがん細胞を移植した際には、がんの増大が抑制させることが判明。

人体実験の前にマウスの皮膚にがん細胞を移植する影響を確認することを行っている。

ガーディンがAktで活性化(リン酸化)しない変異型マウスを確認することが出来る。

スポンサーリンク

このことから活性化を障害させたマウスから得られた線維芽細胞と同時にがん細胞を共にマウスに移植した実験を行う、がん増大が抑制されれば、更に素晴らしい実験結果を期待できる。

ガンの治療において原因をしっかりつかむことが出来た実験である。

そのため世界的に注目されている実験結果でもあり、米国や日本ならずに多くの医師が注目する実験でもある。

米科学誌キャンサーリサーチに発表されているので今後も、同グループの実験への期待が高まる。

研究から新たなガンの促進の原因を突き止めることが出来るようになり話題を呼んでいる。

この実験によりガンの抗体を判明することが出来る日が遠くないことは確かだ。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ