12月28日は官公庁御用納め

サイト内検索

行政事務を行っている官公庁では、行政機関の休日に関する法律により、12月29日~1月3日までが休日として定められており、原則として執務を行わないことになっています。

スポンサーリンク

12月28日は御用納めとして、その年の最後の業務を行ない、28日が土・日曜日に当たるときは、27日もしくは26日が御用納めとなります。

また、裁判官弾劾裁判所や国立国会図書館、各議院に置かれる事務局などの国会に置かれる機関も、法律により同様に定められています。

一般企業では、これらの動きに準じて仕事納めを行うところが多く、12月28日および29日に、社内の清掃や取引先への挨拶回りなど、その年最後の業務を行っています。

ただし、サービス業や物流関係はその限りでなく、休みがあっても元日だけというところもよくあります。

また、スーパーマーケットやショップなどの販売業では、書き入れ時ということもあって、年末年始に休みがないところがほとんどです。

銀行などの金融機関では、12月30日まで窓口業務を行っており、30日が土曜日に当たるときは29日、日曜日に当たるときは28日が最終営業日となり、キャッシュコーナーは、年末年始も利用できるところが多いようです。

また、証券取引所では、仕事納めのことを大納会と呼び、土日が重ならなかった場合は、12月30日に最後の取引が行われ、東京証券取引所では、その年話題となった人物をゲストに呼び、立会終了の鐘を鳴らすのが恒例となっています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ