一生忘れられないグラジュエーションプロム

サイト内検索

今、北米は卒業シーズン。

ハイスクールでは一大イベントのグラジュエーションプロムがあります。

プロムとは卒業生のためのダンスパーティ。

ボーイフレンドやガールフレンドがいる人はカップルで参加し、それ以外の人は友人達と参加します。

スポンサーリンク

時はさかのぼって7年前のアメリカ・ペンシルベニア州のとある小学校。

4年生のベンはクラスメートのメアリーに「高校のプロムには君をエスコートするよ」と約束しました。

ベンとメアリーは2年生の時に出会って以来、ベンはいつもメアリーを心配し気にかけて来ました。

なぜならメアリーはダウン症だったからです。

でもその後別々の高校に進学することになり、2人は離ればなれになってしまいました。

昨年高校対抗のアメリカンフットボールの試合で2人は再会しました。

高校のクォーターバックのベンはその時、小学4年生の頃にメアリーにした約束を思い出したのです。

「あの頃メアリーはクールだなと思ったよ。可愛くて、友達になりやすい子だったよ。」

メアリーは当初、プロムには女友達と行く予定でしたが、ベンが一緒に行って欲しいと頼むと恍惚としたのです。

先週2人はプロムに参加しましたが、4年生の時の担任の先生まで表れたのです。

メアリーは薄いパープルのカクテルドレスを身にまとい、ベンは同じパープルのネクタイを絞め、2人ともとても幸せそうでした。

小学4年生の頃の担任の先生は、

「ベンとメアリーを観ているといつも笑顔になれたわ。ベンはいつもメアリーを守って、とても気にかけていたわ。彼女をハッピーにしたくて、クラスのアクティビティにも参加していたのよ。」

メアリーのお兄さんは

「学校のほとんどの生徒はメアリーを避けていたし、ダウン症だということで気持ち悪いと思われていた。だけどベンは違ったよ。」

とフェイスブックに書いています。

スポンサーリンク

ベンは7年前の約束をしっかり守りました。

ベンの優しい気持ちと行動に感動したのはメアリーと彼女の家族だけではありません。

ベンの母親をも感動させました。

「ベンは心の広い、優しい男性に成長したわ。彼は人を幸せにすることをいつも第一に考えている。7年前にした約束を守って、あの美しい女の子を幸せな気持ちにしたのをみて涙がでたわ。」

とフェイスブックに書いています。

私はこの話を聞いて思わず涙してしまいました。

現代の高校生にも、こんなピュアな気持ちを持った少年がいるのですね。

生まれて初めて美しいドレスを身にまとった、ダウン症の少女の眩しい笑顔が目に浮かぶようです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ