母の日って何の日?

サイト内検索

5月10日は母の日だ。そりゃだれでも知っているんだが、詮索すると結構知らないことがあるんだな、という話を釣ってきた。

母の日は世界的な行事、世の母親たちが賛辞とカーネーションに包まれる日なんだが、「なぜ5月10日?」と聞かれると首を傾げるし、「そもそも誰がいいだしたんだ?」と聞かれても困る。

ことほど左様に、母の日は詮索甲斐のある話。では….。

スポンサーリンク

まあ、母ほど愛される存在は世界にはない。

永遠の愛と献身のシンボルであり、病むといえばチキンスープを捧げて駆けつけてくれるのも母だ。

胸塞がる悩みも母の袖で溢れる涙を拭えば癒える。

無私の存在だ。それなら一日ぐらい母たちのために、母たちを心ゆくまで労(いたわ)る日があってもいい、と思う気持ちは疾(と)うの昔からあっても不思議はない。

詮索してみると、母の日の由来はギリシャ、ローマまで遡(さかのぼ)る。

レイアとキュベレ だ。

レイアは大地の女神、キュベレ は「偉大な母」とも「大自然の女神 」とも称えられる。

どちらも女神で、並び立って世の畏敬の的だった。

根回しの因縁はこの辺りにあるそうな。

だが、そんな日を決めようじゃないか、となったのは、アメリカでは1914年のことだったのですぞ。

つまりそんなに昔のことじゃなかったというのが、ちょっと面白い。

古今東西、永遠に思える母への思いを「祝いの日」と定めるまでには、これも結構根回しが必要だったのだ。

まず、そもそも「母の日」は Mothering Sunday として始まったという話。

これはキリスト教の祝日で、英国や一部の欧州で四旬節の第四日曜日、教区の住民たちが「母なる」教会へもどる日だ。

さて、母を祝う習わしは時代を越えて定着して現代に至っているんだが、今年はひとつ花束だけでなく、お母さんたちが多分知らないかも「話」を添えて祝って上げようではないか。

アメリカでは、1908年にアン・リーヴス・ジャーヴィスという女性が亡くなった時に娘のアンナ・ジャーヴィスが世の母たちに感謝する祝いを催そうと、ウエストバージニアのメソジスト教会で「母の日」を祝ったのが最初だ。

アンナ・ジャーヴィスはこれを国家的な行事にしようと思い立ち、ロビー活動を始めた。そして1914年、時の大統領ウードロウ・ウイルソンに願い出た。

ウイルソン大統領は、5月の第二日曜日を、「どんな日であれ母の日たるべし」、と定めた。

スポンサーリンク

アンナ・ジャーヴィスは、こうしてアメリカでの母の日の生みの親になったんだが、実は彼女は結婚せず独り身を通した。

「母の日」の生みの親は母ではなかった、というオチだ。

オチの後で味気ないが、ひとつ面白いデータがあるのでご披露して竿を置こう。

全米小売業協会の2013年度報告書によると、アメリでの「母の日」の経済効果は「母ひとり平均$168.94」だという。

母なら当然だろう、とは大方の反応だ、と。

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ