花見の起源と歴史、日本人の桜好きはいつから?

サイト内検索

3月の別名としては「弥生(やよい)」が有名ですが、そのほか「桜月(さくらづき)」や「花見月(はなみづき)」とあるように、古来より「花見」を行うことが風習となっています。

その起源は、「農事の神様」に対する信仰に由来していると言われ、「サクラ」の「サ」は神、「クラ」は座を意味し、古代の日本では、「桜」は春になり農事が始まるとは神様が舞い降りる「依り代」と考えられていました。

スポンサーリンク

桜の花は神様が降りてきた証であり、その咲き具合で豊凶を占い、お酒や食べ物を供え豊作を祈願し、宴を行なったそうです。

奈良時代には、中国から伝来したばかりの「梅」を鑑賞しながら歌を詠む、風流韻事が貴族社会で流行ったそうですが、平安時代に入り国風文化が形成されると共に、古来より自生する桜への関心が高まり、花を愛でながら杯を酌み交わしたり、詩歌を詠む「花宴(はなうたげ)」と呼ばれる行事がおこなわれるようになりました。

京都御所には「左近の桜」が植えられ、「古今和歌集」では桜を特別なものとして取り上げられるなど、信仰の対象から季節感や美意識を象徴する花へと変貌を遂げたのがこの時代になります。

現在のような庶民の娯楽としての「花見」が確立されたのは鎌倉時代以降で、武士や町人などあらゆる階層の間でも行われるようになり、江戸時代の頃には、お城や大名屋敷などで盛んに桜が植樹され、現在へと続く桜の名所が次々と誕生していきます。

江戸後期には、「エドヒガン」と「オオシマサクラ」を交配して、桜の代名詞ともなっている「ソメイヨシノ」が作られ、全国に広まったのは明治以降だそうです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ