針供養の日、2月8日の事八日

サイト内検索

主に関東地方で2月8日は「針供養の日」とされ、折れや曲がり、錆びなどによって使えなくなった古い縫い針を、社寺で供養しています。

関西地方や九州地方では12月8日に行われることが多いようですが、大阪天満宮や和歌山の淡嶋神社針祭では、2月8日とされ、東北地方の一部などでは、両日行われるところもあるようです。


明治の中頃までは、一般家庭でも盛んだったようですが、現在では洋裁学校や服飾関係者などが供養に訪れています。

かつて、2月および12月の8日は「事八日」と呼ばれ、農作業を始める2月8日を「事始め」、全ての作業を終える12月8日は「事納め」とされていました。

両日は厄日と考えられており、慎みをもって過ごすことが習慣となっていたため、この日ばかりは日常的に行わる針仕事はもちろん、針を扱う専門業種の人も休み、日頃お世話になっている縫い針を供養する日となったそうです。

通常、古い縫い針を豆腐やコンニャク、お餅など柔らかいものに刺し、川へ流したり社寺へ持ち寄って、裁縫の上達を祈い供養するのが一般的とされています。

しかし、地域によって方法は様々で、土に埋めたり海に流して供養する場合や、紙に包んで針を休ませる地方もあるようです。

また、富山県や石川県では針歳暮と呼ばれ、縫い針に触れないことを慣わしとするほか、饅頭などを食したり知人へ贈るそうです。

そのほかにも、針供養の日には、ダイコンやニンジン、イモ、小豆、焼き豆腐、ニンジンなどを食べる風習があります。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ