初詣の由来と参拝の作法

サイト内検索

大晦日の夜にお寺で除夜の鐘を聞いた後、そのまま神社へ初詣に向かう人も多いかと思います。

初詣は、大晦日の夜から翌朝にかけ、家長が氏神(先祖の御霊・一族を守護する神様)を祀る社に籠る「年籠り」と呼ばれる行事に由来しています。

その後「年籠り」は、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」に分けて行われるようになり、「元日詣」が居住地から見て恵方にあたる社寺を参詣する「恵方詣り」へと変化しました。

現在では、元日にこだわる必要がなくなり、「三が日」または「松の内」までに行えばよいとされ、恵方にこだわることなく、好きな社寺へ参詣するのが一般的となっています。

ここで、初詣へ向かう前に神様に失礼がないよう、参拝の作法を確認しておきましょう。

まず鳥居から先は、神様の住まいとなるので、軽く会釈をしてから境内に入るようにします。

参道の中央は、神様の通り道とされるので、端を歩くように心掛けます。

手水舎で、1.左手→2.右手→3.左手で口をすすぐ→4.もう一度左手→5.柄杓の柄、の順序で浄めます。

最初に汲んだ一回の水でこれらの動作を行い、使い終わった柄杓は伏せて元の場所にもどしましょう。

拝殿の前で軽く会釈をしてから鈴を鳴らし、賽銭をやさしく投げ入れます。

二拝した後、胸の高さで右手を少し下にずらして二回拍手し、そのまま手を合わせて祈り、最後に一拝して退きます。

参拝後は、神様から頂いた力を家に持ち帰るため、寄り道せずに真っ直ぐ帰宅しましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ