彼岸にお墓参りをする意味と期間

サイト内検索

「暑さ寒さも彼岸まで」と良く言われますが、この頃になると残寒や余寒も衰え、春らしい陽気が続くようになりますよね。

その「お彼岸」ですが、期間は皆さんご存知でしょうか?

例年、3月21日頃となる春分の日を中日として、その前後の3日を合わせた計7日間が「お彼岸」となります。

スポンサーリンク

秋分の日を中日とする秋のお彼岸と区別するため、「春彼岸」と呼ぶこともあり、お彼岸の初日は「彼岸の入り」、七日目の最後日は「彼岸明け」と言います。

この期間に行う仏事は「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれ、一般的に、中日となる「春分の日」にお墓参りに行きます。

残る6日は何をするのかというと、仏様の境涯に到るために必要とされる6つの徳を、1つずつ修める日とされています。

仏教では、私達がいる迷いや煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」、生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸」とし、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」と呼ばれる悟りを開く6つの修行を行うことで、「彼岸」へ到達することが出来ると考えられています。

「此岸」は東、「彼岸」は西にあり、太陽が真東から昇り真西に沈む日は、2つの世界がもっとも通じやすく、この期間に先祖供養をする事で、西の彼方にある極楽浄土へ導くことが出来るとされているため、春分と秋分の日にお墓参りをするようになったそうです。

お彼岸は他の仏教国では見られない日本独自の行事で、「彼岸」は、「日願(ひがん)」から来ているとも言われ、太陽神を礼拝する神道と結びついたことで生まれた慣わしだとする説もあるようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ