彼岸の時期と風習について!春と秋に訪れる

サイト内検索

春と秋の年2回訪れる彼岸は「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、季節の変わり目を適確に掴むために設けられた雑節の一つです。

例年3月21日ごろとなる「春分」、及び、9月23日ごろの「秋分」を中日として、前後3日を合わせた7日間が彼岸とされ、初日は「彼岸の入り」、最終日を「彼岸明け」と呼びます。

スポンサーリンク

太陽が真東から昇って真西に沈むこの時期は、悟りの境地に達した世界である彼岸と、煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)が、もっとも通じやすくなると考えられており、「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれる仏事では、中日に先祖への感謝を示し、残る6日は悟りを得るために必要とされる「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を修める日とされています。

仏壇やお墓をきれいに掃除し菓子や花などを供える彼岸の風習は、他の仏教国では見られない日本独特の行事で、民衆の間に広まったのは江戸時代のころとされています。

元々、農業国である日本では、春には豊穣祈願祭、秋には収穫祭が各地で行われており、これらの祭礼と祖先の霊を祀る祖先神の信仰が結びついて、庶民的な彼岸の行事が形成されていったと考えられています。

また、彼岸の期間は気候的にもよい時期であることから、野外へ遊山に出かける口実として、先祖の墓参りを行ったとも言われています。

ちなみに、単に「彼岸」と言った場合は、春の彼岸を指すことが多く、秋の彼岸は「秋彼岸」や「後の彼岸」と言われることが多いようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ