雛人形を飾ると良縁に恵まれる雨水の日とは?

サイト内検索

春分を0度としたとき、太陽の軌道が330度となる2月19日ごろ、または、啓蟄(けいちつ)までの期間を二十四節気では雨水といいます。

二十四節気とは、太陽の軌道を24等分し、その分割点に季節を表した天候や動物の名称を設定したものです。

スポンサーリンク


雨水の約15日後が啓蟄で、その次が春分となります。

中国の気候を元に名づけられているので、日本の気候にそぐわない名称や時期も見受けられます。

12 の節気と12の中気が交互に配置され、太陰暦と季節とのずれを調整するための指標として用いられました。

二十四節気は、季節の変化を知る手段であると共に、農作業の目安としても使われており、雨水は農耕の準備を始める目安とされていました。

また、地方によっても異なるようですが、雨水に雛人形を飾ると良縁に恵まれるとされています。

雨水を迎えることは、初春を迎えたことを意味しているため、縁起のよい日と言われています。

江戸時代に完成した日本最大の国書である「群書類従」では、雨水は、「雪が雨に変わり、氷が溶けて水になる」と説明されており、春一番が吹いたり草木が芽生えるなど、少しずつ春の気配が感じられるようになります。

しかし、地域によっては大雪が降ったり、冬の寒さが戻ってきたりするため、この時期は、天気予報なので「三寒四温」という言葉が頻繁に聞かれるようになります。

寒暖の差が激しく体調を崩しやすい時期であり、受験シーズンの真っ只中でもあるので、特に受験生のいるご家庭のみなさんは、体調管理に気をつけてください。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ