「火焚祭」京都・伏見稲荷大社

サイト内検索

藤森神社や貴船神社、花山稲荷神社、新日吉神社、広隆寺、車折神社など、11月の京都では、秋の収穫に感謝しつつ、五穀豊穣や厄除け、地域の安全などを祈願するため、護摩木(火焚串)を火床に入れ焚き上げる、伝統行事が各神社で執り行われています。

スポンサーリンク

京都を中心とした西日本で、江戸時代の頃より行われている神事で、「お火焚き(おひたき)」や「火焚祭(ひたきさい)」、「新嘗祭(にいなめさい)」などと呼ばれ、年配の方は「おしたき」や「おしたけ」とも言うそうです。

神社によって違いは見られますが、舞や神楽などが奉納されるほか、刻印が押された饅頭や、風邪の予防になると伝えられている、お火焚きの火で焼いたミカンが参拝者に配られています。

数ある火焚祭のなかでも全国一のスケールを誇るのが、千本鳥居で有名な京都・伏見稲荷大社のお火焚きで、毎年11月8日に執り行われています。

五穀豊饒をはじめ、万物を育てたもう稲荷大神へ感謝する祭典であり、斎場に設けられ3基の火床で、神田で獲れた稲のわらが燃やされ、恵みをもたらしてくれた神を山に送ります。

その際、願い事が書かれた火焚串も一緒に焚き上げられますが、約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社である伏見稲荷大社には、全国から10万数本もの火焚串が寄せられるため、見る人を圧巻させるほどの大きな炎が立ち上るそうです。

また、和琴・笛・ひちりきが奏でられるなか、古式ゆかしい舞が披露される神楽も見所となっています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ