ヒトiPS細胞から軟骨細胞を誘導-硝子軟骨の組織を作製

サイト内検索

京都大学は2月27日に更なる実験に成功。

ヒトiPS細胞から軟骨細胞を誘導することで、硝子軟骨の組織を作成した。

この実験はiPS細胞研究所(CiRA)の妻木範行教授、同山下晃弘研究員らの研究グループによるもので、米科学誌「Stem Cell Reports」に掲載されている。

関節軟骨は骨の端を覆っている軟骨で、腕や膝を曲げた際にかかる衝撃を吸収する役目がある。

このニュースは米国や日本のみならずに世界的に大きな関心を誘っているようだ。

世界にには多くのリウマチ患者や、事故による、骨の損傷事故などによる大きな怪我をしてしまった人が何人いるであろうか、この研究によって救われる患者の数は計り知れない。

また多くのお年寄りにも関心の高い実験である。

関節軟骨は硝子軟骨、年齢を重ねるごとに磨り減ったり、衝撃を抑える。

劣化が続けば、関節をスムーズに動かすことが難しくなります。

妻木範行教授、同山下晃弘研究員らの研究グループの実験において、ラットやミニブタの患部に移植のテストにも成功したと発表、ヒトiPS細胞を利用して正常な骨の状態を作り治すことができるようになります。

骨の劣化が進むことで、痛みや、違和感を感じるお年寄りの数が増えています。

また現代病としても骨粗鬆症等への対策として期待が持てます。

安全性および生体軟骨と融合することが実証される必要があり、しっかり自分で利用しやすい環境を整えることが大切です。

実験に成功したといっても、本格的に技術を医療の場で使用するには時間が掛かり、今後もスピードを上げて安全性を証明して行くことが求められます。

この同研究グループは今後、ヒトへの移植の可能性と安全性について更なる追求を行っていくようで世界が注目するサイエンスである。

iPS細胞研究所(CiRA)の妻木範行教授、同山下晃弘研究員らの研究グループは平均年齢が若い研究グループであり、今後も、更なる実験を繰り返して、出来るだけ早く医療の現場に適応していけるように実験を続けていくようで、今後の活躍に期待できる。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ