ホワイトデー!お返し文化が根付く日本で始まった

サイト内検索

バレンタインデーのお返しをする日として、今やしっかりと定着しているホワイトデーですが、日本発祥のイベントであることはご存知でしょうか?

欧米では、恋人同士が愛を確認し合うバレンタインデーに、プレゼントやメッセージを交換するので、改めて別日を設ける必要がないため、ホワイトデーと呼ばれる日は存在しないそうです。

スポンサーリンク

また、東アジアの一部では、ホワイトデーが存在しますが、これは、日本の習慣が伝わったものとされています。

日本でホワイトデーが誕生したキッカケは、頂き物に対してお返しをするという、伝統的な文化が影響していると言われています。

自然発生的に生まれたバレンタインの返礼に着目し、現在のようなイベントへ発展させたのは、お菓子業界のマーケティング戦略によるものです。

起源は諸説ありますが、昭和40年代の半ばから、店舗ごとにバレンタインのお返しが提案されはじめ、昭和48年に菓子メーカーの不二家とエイワが協力し、チョコレートのお返しを贈る「メルシーバレンタイン」と呼ばれるキャンペーンを展開したことが、当時の新聞記事に掲載されています。

これが最も古い資料とされ、バレンタインデーの1ヶ月後にホワイトデーと称するアンサーデーを設定したことが記載されているそうですが、昭和52年に福岡県の老舗菓子屋である石村萬盛堂が、バレンタインのお返しにマシュマロを贈ることを提唱したのが始まりとする説もあります。

今日のように全国的に普及したのは、これらの動きに触発されて、昭和53年に全国飴菓子工業協同組合が、3月14日をホワイトデーと定め、昭和55年より大々的にキャンペーンを張ったことに由来しているようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ